忍びの国

和田竜原作

映画化されるということで、Amazonにて紹介されていたので買って読んでみた。「のぼうの城」や「村上海賊の娘」など今までの時代小説とは焦点の当て方が違うのでとても面白いと思う。

今回は、伊賀忍者が主題となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA