国家の怠慢/高橋洋一・原英史

高橋洋一氏と原英史氏とのオンライン対談本である。高橋氏は財務省(大蔵省)、原氏は経産省出身で、お二方とも内閣府の官僚として公務員改革や規制改革を行われた(菅政権では、どうされるのか?)方々です。今回の本は、新型コロナウィルス禍により露呈した、国の統治システムとしての仕組みが出来なかったこと、上手くいかなかったことなどをお互いの意見として述べられている。

やはり森友加計の問題で規制緩和が進まなくなったことがよくわかった。それでも、このコロナ禍は、今後行政を中心にDXが進んでいくと思われる。民間も行政が進むと進んで行くだろうと思うので、これからDXになるので、勉強をやっていかないといけないと思う。

今回のコロナ禍で、給付金や補助金の申請を行っていると、インターネット申請の便利さはすごく感じることができた。特に国の手続きはほとんどがネット化していたので本当に楽だったなと思う。

まだ、変革の最中なので、これから変化が進んでいくのだと思う。波に飲み込まれないように、ずっと見ながらやっていかないといけないと改めて感じ取ることができた一冊だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA