アンギン花織に挑戦

アンギン 花編み

アンギン編みの花編みを行いました。夏からズーッとトライしていたのだけれどなかなか上手く行かなかったんだけど、ようやくコツが分かった。一段を間違えていたけど、なかなか綺麗にできました。

風の陣【立志編】

宮崎県立西都原考古博物館 特別展「化内の辺境 隼人と蝦夷」

蝦夷についての「火怨」に続く髙橋克彦の本。実際は、「火怨」の前の時代を描いたものです。「橘奈良麻呂の乱」を描いています。

日本はこの先どうなるのか

笑う経済学者「髙橋洋一氏」が現状からみた未来の日本について語った本。考えていることはほぼ私と同じであるが、さすが東大⇒大蔵省のエリート、豊富なデータと説得力のある話である。日本の国としてこうするべきという提言みたいな感じで、小市民である私たちがどうすべきかという話ではない。自分たちにはどうすることもできないが、そのように進むことを信じて準備をしておくことが必要なんだろうなぁ。

西都原秋のお茶会

西都原秋のお茶会
西都原秋のお茶会

宮崎県立西都原考古博物館において開催される「国際交流展 馬韓・百済と南九州」の開幕に合わせ「西都原秋のお茶会」を開催いたします。ぜひ、秋の西都原にお越しください。

日 時:平成28年10月8日(土)10:00~15:00
(国際交流展 馬韓・百済と南九州 開幕日)

場 所:宮崎県立西都原考古博物館 1階エントランスホール

お茶代:300円(お菓子付き)
お茶券を販売しております。

定 員:150名

主 催:表千家流茶道 宮崎県同友会/NPO法人iさいと

台風

今年になって初めて宮崎へ台風がやってきそう!少なくとも影響はありそうです。

今年の夏はすごく暑かった。

平成紀


今上陛下の譲位が取りざたされている今、昭和天皇が崩御され昭和から平成へと変わった時のことを、当時通信社で首相官邸で取材していた筆者がフィクションとして書いた小説です。
当時、自分は大阪にいたなど当時の重苦しい自粛ムードを思い出しました。もう忘れていたけど、ある意味バブルの崩壊寸前だったから良かったけど、現在の経済状況では、かなり厳しいことになると思った。
改めて譲位の方法をキチンとしておくことが必要だとおもった。

年度末

いよいよ年度末になった。昨年は、仕事の引き継ぎなど大変だったし、腰を痛めていたな。ことしょは、あっという間の一年だった。なんかヘンテコな人にも遭遇しているけど、楽しい一年にしたい。

西都原の春を楽しもう!

西都原の春を楽しもう!

西都原の春を楽しもう!と言うイベントを開催します。

お茶会や花の配布

篠笛

篠笛を作りました。思ったよりも音が出ます。
練習をして…頑張るぞ!

ボランティア

image image

ボランティアさんの交流会へ出席しました。みなさん熱心で、有意義な時間だったと思います。今後は、もっと内容を深める方向に進んで行きそうです。

自分としては、少し違うかなとは、思いますが。無理に流れをかえないほうが良いという気がしてます。